インプラント治療でお悩みのあなたへ
 
   
     
   
 
 
     
   
 
 
石川歯科医院
〒621-0804
京都府亀岡市追分町馬場通21-12
石川ビル4F  JR線 亀岡駅 徒歩2分

・診療時間
09:00-19:00
×
●09:00-12:30/14:00-19:00
▲9:30-12:30/午後休診
土曜午後・祝日・日曜休診
 
 
     
     
   
     
 

口腔内でいつも強く噛む力が加わり、清掃も難しく、条件の悪い場所(歯周病やむし歯などで喪失した場所)に使用されるインプラントですから、埋めれば一生そのままで使えるとは断言できません。骨の性質は、患者さんによって異なるので、清掃の状況は患者さんの生活環境によっても変わります。定期的なメインテナンスを約束しても、途中で来院されなくなったり、あるいは、通院困難な状態になるかもしれません。一生もってほしいと思っていますが、残っている天然歯でも一生もつという保証はありません。一生もつといって歯科医がすすめるようなら、疑問を持って間違いないでしょう。

一生もつと保証できないインプラントですから、やはりメインテナンスが重要です。患者さんご自身でもしっかりとメインテナンスできるように、正しいブラッシングを習得し、実施できるようにしながら、しっかりと定期健診を受けるようにしましょう。

 
     
 

定期検診では、インプラントの清掃状態や歯ぐきの状態、噛み合わせの具合などをチェックします。治療が終了すると、まず 1 週間後に診査があります。その後は 1 カ月後、 3 カ月後に診査を受け、それからは半年に 1 〜 2 回、さらに経過がよければ年に 1 回くらい検診を受ければいいことになります。ただし、インプラント治療をした部分以外の残った天然歯の健康維持のために 3 ヶ月〜 6 ヶ月の定期検診をすることをおすすめします。

 
     
 
当然のことですが、歯磨きは自分の歯と同じように毎食後きちんと行わなければなりません。正しいブラッシングで手入れをしないと、歯ぐきが腫れることもあるので注意が必要です。歯科医、歯科衛生士の指導に従って正しい歯磨きを心がけてください。ただし、インプラントといっても、歯磨きに特別な器具を使用したり、特に長い時間ブラッシングしなければならないということはありません。天然歯でもインプラントでも、長持ちさせるには正しく磨く必要がありますので、歯科衛生士や歯科医にしっかり指導してもらいましょう!
 
     
     
Copyright 2006 Ishikawa Dental Clinic. All rights reserved.