インプラント治療でお悩みのあなたへ
 
   
     
   
 
 
     
   
 
 
石川歯科医院
〒621-0804
京都府亀岡市追分町馬場通21-12
石川ビル4F  JR線 亀岡駅 徒歩2分

・診療時間
09:00-19:00
×
●09:00-12:30/14:00-19:00
▲9:30-12:30/午後休診
土曜午後・祝日・日曜休診
 
 
     
     
   
 
 
  Point 1  
ヘビースモーカーの方や大酒飲みの方は、歯ぐきに大きな悪影響を及ぼします。特にタバコは血液中の酸素濃度が、吸わない方に比べて非常に低くなり、歯ぐきまで必要量分の酸素を運ぶことが困難になり、細菌などに対抗する抵抗力が低くなります。
 
  Point 2  
タバコを吸うことによりニコチンの採用で末梢神経が縮小するため、治癒が遅くなり、また傷が開きやすくなります。したがってインプラント手術期間中は是非とも禁煙してください。
   
 
 
  Point 3  
タバコによってインプラントに最も大きな危険因子であるのが歯周病です。
歯周病とは、歯を支えている歯ぐきや骨などの組織が炎症を起こす病気で、歯と歯ぐきの間に歯周病の原因菌が付着することで、歯ぐきの出血・腫れを引き起こし、ひどくなるとインプラント自体がグラグラになり、やがて抜け落ちます(脱落)。これは天然歯でも同じことです。

上記を見ていただいても、タバコがもたらすインプラント治療の影響は、もちろんガンなどの身体全体の影響のこともそうですが、治療前、治療中、治療後をみても多大な悪影響をもたらし、よいことは一つもありません。インプラント治療をお考えの方や、治療中の方、治療が完了している方も、タバコはなるべく禁煙されることをおすすめします。
タバコによってボロボロになってしまった歯
 
     
     
     
Copyright 2006 Ishikawa Dental Clinic. All rights reserved.